ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

ドメーヌ・アンヌ・グロ

Domaine Anne Gros

Last Update 2017.03.04


 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
【 更新情報 】 (↓ 文字をクリックして下さい。)
2017/07/06(木)更新 オーレリアン・ヴェルデ2015年、ロベール・グロフィエ2015年、希少なオリヴィエ・バーンスタインのトップ・キュヴェ追加分、ギイヤール2014年他!


 皆さん、こん××は!noisyです。いつも有り難うございます。台風一過ですが梅雨前線の活発化で列島南部が大変な状況です。危険かと思われましたら是非お早めに対処されてください。2017年22回目の新着情報メールサービスです。もし有余がございましたらしばしお付き合いくださいませ。

フランス  ■□  Domaine Anne Gros  □■  ブルゴーニュ
ドメーヌ アンヌ グロ
● アンヌ・グロです。正規です。また分けていただけるようになりました。でも2014年もまた2013年並みに少なく、極少量ずつのご案内になりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


Annes Grosのサイトより

■■私達の哲学
■伝統の尊重と改革への欲求

「目標は、健全で成熟したぶどうを収穫することです。 そして、無傷の、ありのままの姿のぶどうを重んじて、ベストを尽くします。」

 伝統への尊重と改革への欲求にこの哲学が刻み込まれています。 テロワールの生物多様性を尊重することに対する関心は、繊細で調和のとれたエレガントなワインを造り出すことを可能にしています。丸みがあり、フルーティーな香りと味を伴う、ボディーのあるワインです。


■ワイン醸造 : 伝統的ワイン醸造法
 当ドメーヌでは、ワイン醸造は伝統的用法を用いています。赤ワインはエポキシーコーテングされたセメント製発酵槽、白ワインはステンレス製(イノックス)発酵槽を用います。
 ミレジムのタイプ及びぶどうの衛生状態に応じて、温度調節が行われます。発酵槽内での仕込みの時間は12日から15日間です。
 フリーラン・ジュースとプレス・ジュースは混ぜ合わされ、澱を除くため、最低48時間の間前清澄作業が行われます。


■エルヴァージュ(ワインの育成) : テロワールのワインを引き立たせる
 ドメーヌでは、約16ヶ月に渡って樽熟成が行われます。 新樽の使用率は高く、グラン・クリュでは80%、 村名アペラシオンが50%、地域アペラシオンが30%となっています 。これにより、酸素とワインが一定に触れ合うことになります。新樽は、酸素との接触を促す役割と同時に酸化による副産物を生み出す役割があります。香りを複雑にし、旨味をのせ、しっかりとした構成を生み出します。この各カテゴリー別に新樽を使い分ける「錬金術」で各テロワールの持ち味を我々のワインの中に閉じ込め、真価を発揮させます。


■ワインの商業化 : どこでワインを購入できるか
 私達の哲学に沿い、どこにいてもブルゴーニュのテロワールの豊かさを味わっていただけるように、
フランス、ヨーロッパそして世界の国々をカバーする専門業者を介して私達のワインは分配されます。
 ワインの60%は輸出され、20%はカーヴィスト及びレストランのために予約されており、残りの20%は特定の個人顧客に直接販売されています。予約をいただいた特定顧客、専門家およびジャーナリストの方を、アンヌが個人的に迎え入れています。
 当ドメーヌは、観光客の受け入れ態勢が整っていないため、カーヴ見学はできません。また、在庫が切れているので、現在の時点では新顧客への対応を満足にできる状態ではありません。



2014 Bourgogne Hates-Cotes de Nuits Rouge
ブルゴーニュ・オート=コート・ド・ニュイ・ルージュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11999 5187 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ オート=コート・ド・ニュイ

■エージェント情報
 コンコール
 地続きの1.73haの畑は、ヴォーヌロマネ村の西側に位置するConcœur (コンコール)のコミューンにあり、ぶどう樹は段階的に植樹されました。(96. 97. 98年).
 シャルドネは、 斜面上部に1 haに渡って植えられており、土壌は最も深く湿気があります(丘の斜面の湧出点)。0.73haのピノ・ノワールは斜面下部の、より平らな所に植えられ、化石を含む火山岩が豊富なため、非常に水はけが良くなっています。
 通気の良い南東斜面にあるこの新しいぶどう畑は、私達にとって大きな挑戦です。標高約400mの所では、ぶどうの成長にずれが見られるため、様々な畑作業をうまく調整しなければなりません。

Annes Gros HP より
◆◆◆お一人様1本限定
750ML 在庫
ご注文数  本
¥4,380 (外税)

【近年では最高・・との評価です。by Real Wine Guide No.54】
 リアルワインガイドは 89 89+ 今〜2030と言う評点で、見事にACブルと同じ評点でした。近年では最高のオート=コートだと評価しています。リアルワインガイド第54号に載ってますんでよろしくです!

 

 以下は以前のコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。

.



2014 Chambolle-Musigny la Combe d'Orveau
シャンボール=ミュジニー・ラ・コンブ・ドルヴォー
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12003 5188 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ シャンボール=ミュジニー

■エージェント情報
 このシャンボール・ミュジニーは目立たぬ酸のおかげで最も馴染みやすいワインとなり、柔らくまたは締まったタンニンの質は収穫年のフェノール分の熟度を常に反映しています。
 軽い土壌(シリカ)でできる典型的な色である美しいルビー色を帯びています。非常に洗練され、エレガントなワインで、赤果実の香り(スグリ、フランボワーズ)や花の香り(バラ、スミレ)のニュアンスが感じられます。家禽類(鶏肉、七面鳥など)、ローストした赤肉、マイルドなチーズなどと合わせて頂くと美味しいでしょう。エレガントな風味を最大限に味わうには、やや若いうちに(2年から10年の間)飲まれることをお勧めします。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥9,990 (外税)

【村名とは思えないほどの評価でした!】
 リアルワインガイド第54号は89+ 91 飲み頃2018〜2035 と言う村名としますとかなりな高い評価のコンブ・ドルヴォーです。ご存知の通りコンブ・ドルヴォーはロケーションにより、グラン・クリュ、プルミエ・クリュ、村名と分かれています。グラン・クリュはプティ・ミュジニーの南側地続き + アルファ、1級はその西、村名は1級から少し離れた場所に有ります。

 アンヌ・グロのhpにも結構微妙な文章が掲載されていますよね。

「エレガントな風味を最大限に味わうには、やや若いうちに(2年から10年の間)飲まれることをお勧めします。」

 さぁ・・これをどう取るか?・・と言うことでしょう。若くエレガントながらシャンボールらしい硬さを楽しむなら・・まさにその通りでしょう。

 でも、長く置いても非常に面白いアイテムのはずですよね?・・4〜50年後に飲んでみたいものですが、まぁ・・残念ですが少なくとも noisy は無理ですね。クロ=ヴージョの最上部、ミュジニーとの接点、そして実はエシェゾーを名乗れるフラジェ=エシェゾーのリューディ、アン・オルヴォーに接していると言う、いや、見方に寄ってはエシェゾーのアン・オルヴォーかた弾かれた部分とも言える実に興味深い畑です。・・ね、欲しくなって来たでしょう・・(^^;;


 以下は2013年のご紹介時に書いたコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。

.



2014 Echezeaux Grand Cru les Loachausses
エシェゾー・グラン・クリュ・レ・ロアショース
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12004 5189 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ エシェゾー

■エージェント情報
 2007年よりこの区画が我々のドメーヌに加わりました。
父親方に由来するエシェゾーの畑面積は0.76haで、レ・ロアショースと呼ばれる区画で造られています。25年間、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・セールが賃貸借契約していました。
 樹齢19年のこのぶどう樹は、昨年まではロワイヤ式剪定法が用いられていましたが、当ドメーヌが引き取ってからタイユ・ギュイヨ型剪定に変えました。ぶどうの成長に、より適応していると思われたからです。すぐに耕作作業が行われました。まだ生き生きしたその土壌を耕作できるのはなんと幸せなことでしょう。褐色で、深く、小石の多い土。小さな化石さえ混じっていることもあります。
 ぶどう畑はすぐに生き返り、ぶどうは非常に早く成熟しました。おそらくドメーヌで一番早くぶどうが育つテロワールであると思われ、よく注意して見守らなければならないでしょう。
 このエシェゾーにおける第一作目は非常に優雅で、素晴らしい絹のようなタンニンを伴い、フルーティーで少々胡椒のニュアンスが感じられるなめらかな口当たりです。
Anne Gros HP より
750ML 在庫
ご注文数  本
¥19,990 (外税)

【2013年物は92〜93+、2014年は92〜94!】
 こちらもすみません、リアルワインガイドに頼ります。現状、香りは閉じているようですがミネラリティが半端ないと。今飲んで92 ポテンシャル94、飲み頃予想 2022〜2045 と言う感じです。

 話は関係無いところに飛んでしまいますが、noisy の新着のご案内も今のところ、木曜日の夜9時頃の発行が基本になっていますが、時折とんでもない時間、曜日にご案内が行きますよね。その場合はかなりリアルワインガイドが関係していまして・・つまり、リアルのテイスティングに出かけてしまうので、その出かける直前にメールを出さざるを得ない・・と言うことになるんですね。

 なので、出来る限り間違いの無いように確実な線で仕上げてから出かけて行きますが、どうにも仕上がりきらずに諦めて、アイテムを減らしてしまうことも有ります。

 また、余りにバランスが良く無いと木曜日を諦めてしまう場合も有りますし、その前や、週開けの比較早い段階でリリースする場合も有ります。

「・・えっ?・・新着が今来た!?」

と・・ビックリされる方もいらっしゃるかと思うんですが、2月、5月、8月、11月はまず、そんなスクランブル発進ならぬ発信になりますんでどうぞご理解よろしくお願いします。


 で、このエシェゾーですが、エシェゾー・デュ・ドスュの南に接するレ・ロアショースです。デュ・ドスュの上部が1級のレ・ルージュで、レ・ロアショースとも一部接しています。デュ・ドスュは茶や黒のニュアンスが結構入ると思いますが、レ・ロアショースはレ・ルージュのように、もしくは少し離れていますがレ・スショのような赤いニュアンスが多いと思います。

 エシェゾーは区画ごとの葡萄を最終的に混ぜてバランスを取る場合が多いですがこちらは単独・・。むしろその個性を感じることが出来る少ないワインかな?とも思っています。ご検討くださいませ。


 以下は2013年もののコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。

.



2014 Clos-Vougeot Grand Cru le Grand Maupertui
クロ=ヴージョ・グラン・クリュ・ル・グラン・モーペルテュイ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12005 5190 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ クロ=ヴージョ

 This wine may be characterised by its impressive fullness. Its powersometimes a bit austere and monolithic is tempered by ripe tannins. Itsweight moves across the tongue with lots of harmony and fullness evena certain elegance underneath its romanesque character.
 Velvet purple colour it is the archetype of beautiful Pinot Noir. Pronouncedaromas of black fruit (ripe cherry plum and black current...) as wellas spice (pepper cloves nutmeg...). A candied element develops as itages in addition to complex secondary aromas associated with meaty nuances.
 Possibilities for food pairing tend to lean toward richer dishes: roastedred meat with berries or fruit red meat in sauce game with sorrel...redcurrant jam mild cheeses or nothing at all.
 This wine has excellent ageing potential. Nevertheless according toour believes about great wines it is often possible to drink the winewhile still young when the tannin and structure are at the forefront essentialqualities for balancing a great wine.
From Annes Gros HP

 申し訳ございませんが他の造り手のワインも同数お付き合いください。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥22,900 (外税)

【アンヌ・グロと言えばグラン・モーペルテュイ!】
 リアルワインガイド第54号は、今飲んで93 ポテンシャル96、2022〜2052 と言う、凄い評点です。しかも、

「97点でも98点でも良い」

と。

 まぁ、アンヌ・グロと言えばやはりこのグラン・モーペルテュイかリッシュブール・・ですもんね。アンヌ・グロのサイトから写真をお借りしまして掲載していますので、位置が良く判るかと思います。もし地図をお持ちでしたら、シャンボール村、フラジェ=エシェゾー村の地図に差し込んでみてください。結構・・面白いかと思います。アンヌ・グロでは有りませんがグロ・フレールの「Musigni」と名前を変えているヴージョの「ミュジニ」の位置も良く判りますよね。傾斜も反映されてて見やすい古地図の写真です。

 まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。

.


2012 Echezeaux Grand Cru les Loachausses
エシェゾー・グラン・クリュ・レ・ロアショーズ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

10406 5191 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ フラジェ=エシェゾー

 2007年よりこの区画が我々のドメーヌに加わりました。
父親方に由来するエシェゾーの畑面積は0.76haで、レ・ロアショースと呼ばれる区画で造られています。25年間、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・セールが賃貸借契約していました。
 樹齢19年のこのぶどう樹は、昨年まではロワイヤ式剪定法が用いられていましたが、当ドメーヌが引き取ってからタイユ・ギュイヨ型剪定に変えました。ぶどうの成長に、より適応していると思われたからです。すぐに耕作作業が行われました。まだ生き生きしたその土壌を耕作できるのはなんと幸せなことでしょう。褐色で、深く、小石の多い土。小さな化石さえ混じっていることもあります。
 ぶどう畑はすぐに生き返り、ぶどうは非常に早く成熟しました。おそらくドメーヌで一番早くぶどうが育つテロワールであると思われ、よく注意して見守らなければならないでしょう。
 このエシェゾーにおける第一作目は非常に優雅で、素晴らしい絹のようなタンニンを伴い、フルーティーで少々胡椒のニュアンスが感じられるなめらかな口当たりです。
Anne Gros HP より
750ML 在庫
ご注文数  本
¥19,990 (外税)

【哀悼と追憶】
 アンヌ・グロと言えば、昔は確か・・アンヌ・エ・フランソワ・グロと言うドメーヌで、アンヌ・フランソワーズ・グロと言う同じ家系のドメーヌも有ったために、異常なほどに混乱をきたしていた時期がありました。いつの間にか「アンヌ・グロ」と改称していて・・また混乱してしまいましたが・・(^^;;

 1996年のアンヌ・グロのワインが絶賛されたために、あっという間に入手困難なドメーヌのひとつになってしまいまして、

「アンヌ・グロ?・・そんなに良い印象は無かったけどな・・・」

と言う様な感覚しかなかったnoisy は完全に乗り遅れてしまってました。

 それでも飲んでみると・・・非常に濃厚な・・悪く言えばサンテミリオン的メルロのような味わいで、その時代の要求を確かに受け継いでいると・・感じていました。

 アンリ・ジャイエから始まる系統とも言え、2つのデュガ家しかり、ペロ=ミノしかり・・・、もっと言ってしまえば、ギイ・アッカ由来の黒い果実の引き出し方の延長上にあるような感じを受けるものでした。

 しかし、そんな風潮も2000年を過ぎると退潮し、

「やはりピノ・ノワールはエレガントさ命・・」
と言う様な、以前のスタイルに戻ったとも言えます。

 もっとも、ただ昔のスタイルに戻ったのでは無く、自然派的アプローチをする造り手が多くなったゆえ、伸び伸びとした健康的な果実感を、大昔の頃のように取り戻したからそれが可能になったとも言え、単にそうなった訳では無いでしょう。

 アンヌ・グロも、少し抽出の強いようなニュアンスは消え、自然な流れを感じさせるニュートラルな味わいになっていました。そんなアンヌ・グロも、日本では評価を受けたと言えるでしょう。あの新樽200〜400%の誰かさんも・・・

「僕のワインはエレガントだから・・」

と平気で言えるような時代になっています。結局は、ワインはバランスなんです。勿論、「要素の少ない中でのバランス」も有りますが、「ちゃんと有った中でのxx過ぎないバランス」も必要ですし、「マンモスポテンシャルの中でのバランス」がもっとも評価的に高くなるべきですが、もしその中にアンバランスさが有ると、評価も大きくマイナスされるべきです。真っ黒なイメージのピノ・ノワール・・・あんまり美味しそうには思えませんよね。


 7月の初旬、今回このアンヌ・グロを分けてくれることになった、オルヴォーと言う小さなエージェントさんの、うちの担当の川村君が、

「noisy さん、xx日にうかがいたいんですけど・・」

と言うので、いつもなら

「忙しいから来ないで・・」

と決まり文句のように伝えているのに、その時は何故か断りきれなかったんですね・・。アンヌ・グロの件もあった性なのかもしれませんが、彼の言葉の中に、どこか「絶対に行きますから・・」・・のような強い決意のようなものを感じたからだと思います。


 その日、大した話しもせず、ちょっとだけ営業的な話しに・・そう・・フーリエがどうこう・・昔は安くて、山ほど購入できたのに・・みたいな話しをして、さぁ帰るという段階で、

「・・駅まで送ってくよ。」

と言うと、

「いや・・忙しい時に来て申し訳ないので歩いて行きます・・」

と言うので、

「あ、そ、じゃね・・」

と言うと、少し困ったような顔をするので・・

「こんなに熱いのにその辺で倒れられちゃ困るから送ってくよ。」

「・・・すみません・・じゃよろしくお願いいたします。」


 そんなこんなで車で駅まで送り、車の中で他愛の無いことを話しつつ・・・

「また寄りますんで是非オルヴォーもワインもよろしくお願いいたします!」

と言うので、

「美味しくてリーズナブルなアイテムなら検討するからね・・」

みたいな別れ方をしたと思います。


 10日後、一通のFAXが届きました。そこには彼が亡くなったこと、通夜と葬式の案内が書いて有りました。一瞬、何のことか理解できませんでした。

「・・嘘・・だろ・・?」

 彼は前日の土曜におそらく仕事で外出し、そのまま行方不明・・・翌日に倒れているのを発見されたようです。詳しいことは聞けませんでした。事件性が無いとのことで・・彼は戻されたようです。

 通夜の晩、若く笑顔のまぶしい彼の遺影に泣けました。41歳だったそうです。


 どこまでも真っ直ぐで、真面目で、熱くて、ワイン大好きな彼を、弟のように思っていたのかもしれません。ワイン業界の次世代を担うべき人間だとも思っていたのかもしれません。大したことのようではないけれど、余り他人には教えていない実はとても重要なバイヤーとしての注目ポイントを、彼には話していました。でもそれと同時に、一抹の不安・・も持っていました。真面目過ぎる・・・気を抜かない・・遊びが無い・・・どこか具合でも悪いのでは?・・と、自分が思っていることを、ちゃんと本人に聞いてみるべきでした。


 そんな川村君が置いて行ってくれたアンヌ・グロです。(君付けで言ってますが取締役でした。)是非ご検討いただければと思います。このエージェントさんはコンディションも良く、値付けも適正以上に適正・・・、どこよりも安い値付けをしていると思います。

 今回は本数も少なく・・・いや、エシェゾーレ・ロアショーズだけはちょっと有りますが、飲んでいないので・・コメントは差し控えます。是非ご検討いただければと思います。



以下は以前のシャンボール=ミュジニー・ラ・コンブ・ドルヴォーのご紹介文です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【安いでしょ?!】

 アンヌ・グロ、久しぶりです。ここのエージェントさんとも付き合いが有ったんですが、何だかな〜・・担当が本当に訳の判らん人でね。滅茶苦茶をしてくれるので、そんなことはお互いのためにしてくれるなと言ったら・・段々ロクな案内も寄越さなくなって、結局フェードアウトしてしまいました。会社にバレたら都合不味かったろうに・・。まぁ、絶対漏らしませんけどね。実際はやらなかったし。ただ、ワインの仕入れも販売も、いや、何にしても結局は「人」なんだよな・・と、深く思うnoisyでは有ります。

 アンヌ・グロのこのシャンボールの畑は、ラ・コンブ・ドルヴォーと言いまして、昆布泥棒では有りません・・・といつもの自虐的親父ギャクをかましてしまいますが、実に面白い畑なんです。あちこちのサイトでは地図も出して説明していますがほとんど間違っています。この畑は、
A.グラン・クリュ・ミュジニー
B.1級ラ・コンブ・ドルヴォー
C.村名ラ・コンブ・ドルヴォー
の3つが有ります。

 実際には離れてはいないのですが、葡萄畑に使用していない部分が有って、1級と村名は離れています。ただし、グラン・クリュ・ミュジニーを名乗れるリューディですから、村名と言えどもかなりミュジニーっぽいんじゃないか〜・・・と思われがちですが・・・そんなことはまず無いです。有っても僅かに亡霊のように見えるのみ・・そりゃそうですよ、そのためのアペラスィヨンですからね・・。

 ですが、腐っても鯛ならぬシャンボールのワインで、思わぬ幻想や亡霊にも思いを馳せることが可能・・・しかも、世をときめかせたアンヌ・グロと来れば、誰でも一度は飲んでみたいワインじゃないでしょうか。

 ようやっと硬い時期を脱しつつあるタイミングと想像できますから、ダブル・グラスなどで酸素を充分に供給し、品温を飲み頃に持っていってあげると、思いの他、いや、想像通り、美味しくいただけるんじゃないかと思います。ご検討くださいませ。.



2014 Richebourg Grand Cru
リッシュブール・グラン・クリュ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12006 5192 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ ヴォーヌ=ロマネ

■エージェント情報
 リシュブール。その名前は、豊かさ、さらには重々しさを連想させます。人によっては誤解を招きやすい名前でしょう。
 実際は、力強さと極上の優雅さを兼ね備えた、素晴らしいワインです。私達はしばしば、このワインをクジャクの尾に例えています。シルクのようになめらかなタンニンとミネラル感が奥深さを与え、このグラン・クリュのワインを最も複雑で享楽的なワインの一つに仕立てています。
 紫色の色調は、宝石のような輝きを持ち、純粋なピノ・ノワールを反映しています。そのアロマは非常に複雑で幅が広いです。
 ボタン、バラ、スミレのニュアンスが広がるフローラルな香り。レグリス(甘草)、バニラ、コリアンダーなどのスパイス系の香り。赤果実及び黒果実(フランボワーズ、カシスなど)のニュアンスが広がるフルーティーな香り。スーボワ(森の下草)、メントール、刻んだハーヴ類などの植物系の香り。皮革、じゃこうなどのエキゾチックな香りやカラメル、カカオの香りも伴います。こうしたアロマ全てが感じられます。
 熟成するにつれて、土の香り(腐植土、湿った森の下草)や動物性の香り(毛皮)が一層でてきます。料理との組み合わせ方は色々ありますが、リシュブールを飲む時には、料理を必要以上に複雑にしないということです。最も良く合うのが、シンプルな味付けの料理。基本的に、このワインの繊細さを損なってしまうような « 重い料理 »と組み合わせないということです。
 キノコ類(モリーユ茸、トリュフ、ヤマドリ茸など)やタマネギのコンフィを添えた赤肉及びローストしたジビエに(狩猟鳥獣肉)、少量のスパイスを効かせたら、最高の組み合わせが楽しめます。マイルドなチーズ(コンテ、ルブロション、シトーなど)とも良く合います。
◆◆◆限定1本。必ず他のワイン1本以上とご一緒にご注文ください。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥55,800 (外税)

【リアルは99点でも・・良いそうですよ・・】
 本当に久し振りに入荷したアンヌ・グロのリッシュブールです。飲みたいな・・リアルは、今飲んで93、ポテンシャルは何と97!、飲み頃2022〜2052と呆気にとられるような評点ですが、さらに、

「98点でも99点でも良い。飲んでしまうとヤバい・・云々」

 云々の部分は敢えて書きません。是非リアルもご購入くださいね。まぁ、評価を投げてしまいたくなるほど素晴らしい・・と言うことと理解しています。(グラン・モーペルテュイもそうでしたけど。)

 D.R.C.のロマネ=コンティ、ラ・ターシュ、リジェ・ベレールのラ・ロマネ、リッシュブールはそれに続きますので、ヴォーヌ=ロマネ村の事実上の最高のワインです。今回の価格もたぶんですが・・異常に安いはずです。

 以下は以前のコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。.



2014 Bourgogne Hates-Cotes de Nuits Blanc Cuvee Marine
ブルゴーニュ・オート=コート・ド・ニュイ・ブラン・キュヴェ・マリーヌ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12002 5193 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ オート=コート・ド・ニュイ

■エージェント情報
 1999年に初めて収穫されました。柑橘類(レモン)及びエキゾチックな(バナナ、パイナップル、パッションフルーツなど)香りを伴う新鮮味のあるワインです。このワインのミネラル構造は澱と共に熟成させることによって和らげられています。ほんの少しヨウ素や塩分のニュアンスが感じられ、完全なワインに仕上がっています。刺身、焼き魚、クール・ブイヨンでゆでられたエビ・カニ類、白い肉、ニンニク入りでないシャルキュトリ(ハム・ソーセージなどの冷製豚肉加工品)、山羊のチーズなどと合わせて頂くと美味しいでしょう。熟成期間は約12ヶ月。(3割が新樽熟成、7割がタンク熟成)。
 果実味が楽しめる、若いうちに飲むのがお勧めです。味覚を刺激するので、アペリティフに最高です。

Annes Gros HP より
◆◆◆お一人様1本限定
750ML 在庫
ご注文数  本
¥4,450 (外税)

【昨年の1/3以下の数量と言う現実でした・・】
 2013年ものは1cs近く有ったのでそれでも何とかでしたが、片手にも満たない状況ですのでリアルワインガイドを参考にさせていただきます。89 89+ 今〜2028と言う評点で、テイスティング時点で香りは大人しいがミネラルが非常に多く味の乗りが抜群・・とのことです。リアルワインガイド第54号に載ってますんでよろしくです!

 まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。

.



2013 Bourgogne Hates-Cotes de Nuits Blanc Cuvee Marine
ブルゴーニュ・オート=コート・ド・ニュイ・ブラン・キュヴェ・マリーヌ
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11307 5194 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ オート=コート・ド・ニュイ

 1999年に初めて収穫されました。柑橘類(レモン)及びエキゾチックな(バナナ、パイナップル、パッションフルーツなど)香りを伴う新鮮味のあるワインです。このワインのミネラル構造は澱と共に熟成させることによって和らげられています。ほんの少しヨウ素や塩分のニュアンスが感じられ、完全なワインに仕上がっています。刺身、焼き魚、クール・ブイヨンでゆでられたエビ・カニ類、白い肉、ニンニク入りでないシャルキュトリ(ハム・ソーセージなどの冷製豚肉加工品)、山羊のチーズなどと合わせて頂くと美味しいでしょう。熟成期間は約12ヶ月。(3割が新樽熟成、7割がタンク熟成)。
 果実味が楽しめる、若いうちに飲むのがお勧めです。味覚を刺激するので、アペリティフに最高です。

Annes Gros HP より
750ML 在庫
ご注文数  本
¥4,580 (外税)

【少年ロックは墨絵の世界・・と評しております!】
まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 最新号の記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は吹E々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。



以下は以前のコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【哀悼と追憶】

 アンヌ・グロと言えば、昔は確か・・アンヌ・エ・フランソワ・グロと言うドメーヌで、アンヌ・フランソワーズ・グロと言う同じ家系のドメーヌも有ったために、異常なほどに混乱をきたしていた時期がありました。いつの間にか「アンヌ・グロ」と改称していて・・また混乱してしまいましたが・・(^^;;

 1996年のアンヌ・グロのワインが絶賛されたために、あっという間に入手困難なドメーヌのひとつになってしまいまして、

「アンヌ・グロ?・・そんなに良い印象は無かったけどな・・・」

と言う様な感覚しかなかったnoisy は完全に乗り遅れてしまってました。

 それでも飲んでみると・・・非常に濃厚な・・悪く言えばサンテミリオン的メルロのような味わいで、その時代の要求を確かに受け継いでいると・・感じていました。

 アンリ・ジャイエから始まる系統とも言え、2つのデュガ家しかり、ペロ=ミノしかり・・・、もっと言ってしまえば、ギイ・アッカ由来の黒い果実の引き出し方の延長上にあるような感じを受けるものでした。

 しかし、そんな風潮も2000年を過ぎると退潮し、

「やはりピノ・ノワールはエレガントさ命・・」
と言う様な、以前のスタイルに戻ったとも言えます。

 もっとも、ただ昔のスタイルに戻ったのでは無く、自然派的アプローチをする造り手が多くなったゆえ、伸び伸びとした健康的な果実感を、大昔の頃のように取り戻したからそれが可能になったとも言え、単にそうなった訳では無いでしょう。

 アンヌ・グロも、少し抽出の強いようなニュアンスは消え、自然な流れを感じさせるニュートラルな味わいになっていました。そんなアンヌ・グロも、日本では評価を受けたと言えるでしょう。あの新樽200〜400%の誰かさんも・・・

「僕のワインはエレガントだから・・」

と平気で言えるような時代になっています。結局は、ワインはバランスなんです。勿論、「要素の少ない中でのバランス」も有りますが、「ちゃんと有った中でのxx過ぎないバランス」も必要ですし、「マンモスポテンシャルの中でのバランス」がもっとも評価的に高くなるべきですが、もしその中にアンバランスさが有ると、評価も大きくマイナスされるべきです。真っ黒なイメージのピノ・ノワール・・・あんまり美味しそうには思えませんよね。


 7月の初旬、今回このアンヌ・グロを分けてくれることになった、オルヴォーと言う小さなエージェントさんの、うちの担当の川村君が、

「noisy さん、xx日にうかがいたいんですけど・・」

と言うので、いつもなら

「忙しいから来ないで・・」

と決まり文句のように伝えているのに、その時は何故か断りきれなかったんですね・・。アンヌ・グロの件もあった性なのかもしれませんが、彼の言葉の中に、どこか「絶対に行きますから・・」・・のような強い決意のようなものを感じたからだと思います。


 その日、大した話しもせず、ちょっとだけ営業的な話しに・・そう・・フーリエがどうこう・・昔は安くて、山ほど購入できたのに・・みたいな話しをして、さぁ帰るという段階で、

「・・駅まで送ってくよ。」

と言うと、

「いや・・忙しい時に来て申し訳ないので歩いて行きます・・」

と言うので、

「あ、そ、じゃね・・」

と言うと、少し困ったような顔をするので・・

「こんなに熱いのにその辺で倒れられちゃ困るから送ってくよ。」

「・・・すみません・・じゃよろしくお願いいたします。」


 そんなこんなで車で駅まで送り、車の中で他愛の無いことを話しつつ・・・

「また寄りますんで是非オルヴォーもワインもよろしくお願いいたします!」

と言うので、

「美味しくてリーズナブルなアイテムなら検討するからね・・」

みたいな別れ方をしたと思います。


 10日後、一通のFAXが届きました。そこには彼が亡くなったこと、通夜と葬式の案内が書いて有りました。一瞬、何のことか理解できませんでした。

「・・嘘・・だろ・・?」

 彼は前日の土曜におそらく仕事で外出し、そのまま行方不明・・・翌日に倒れているのを発見されたようです。詳しいことは聞けませんでした。事件性が無いとのことで・・彼は戻されたようです。

 通夜の晩、若く笑顔のまぶしい彼の遺影に泣けました。41歳だったそうです。


 どこまでも真っ直ぐで、真面目で、熱くて、ワイン大好きな彼を、弟のように思っていたのかもしれません。ワイン業界の次世代を担うべき人間だとも思っていたのかもしれません。大したことのようではないけれど、余り他人には教えていない実はとても重要なバイヤーとしての注目ポイントを、彼には話していました。でもそれと同時に、一抹の不安・・も持っていました。真面目過ぎる・・・気を抜かない・・遊びが無い・・・どこか具合でも悪いのでは?・・と、自分が思っていることを、ちゃんと本人に聞いてみるべきでした。


 そんな川村君が置いて行ってくれたアンヌ・グロです。(君付けで言ってますが取締役でした。)是非ご検討いただければと思います。このエージェントさんはコンディションも良く、値付けも適正以上に適正・・・、どこよりも安い値付けをしていると思います。

 今回は本数も少なく・・・いや、エシェゾーレ・ロアショーズだけはちょっと有りますが、飲んでいないので・・コメントは差し控えます。是非ご検討いただければと思います。



以下は以前のシャンボール=ミュジニー・ラ・コンブ・ドルヴォーのご紹介文です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【安いでしょ?!】

 アンヌ・グロ、久しぶりです。ここのエージェントさんとも付き合いが有ったんですが、何だかな〜・・担当が本当に訳の判らん人でね。滅茶苦茶をしてくれるので、そんなことはお互いのためにしてくれるなと言ったら・・段々ロクな案内も寄越さなくなって、結局フェードアウトしてしまいました。会社にバレたら都合不味かったろうに・・。まぁ、絶対漏らしませんけどね。実際はやらなかったし。ただ、ワインの仕入れも販売も、いや、何にしても結局は「人」なんだよな・・と、深く思うnoisyでは有ります。

 アンヌ・グロのこのシャンボールの畑は、ラ・コンブ・ドルヴォーと言いまして、昆布泥棒では有りません・・・といつもの自虐的親父ギャクをかましてしまいますが、実に面白い畑なんです。あちこちのサイトでは地図も出して説明していますがほとんど間違っています。この畑は、
A.グラン・クリュ・ミュジニー
B.1級ラ・コンブ・ドルヴォー
C.村名ラ・コンブ・ドルヴォー
の3つが有ります。

 実際には離れてはいないのですが、葡萄畑に使用していない部分が有って、1級と村名は離れています。ただし、グラン・クリュ・ミュジニーを名乗れるリューディですから、村名と言えどもかなりミュジニーっぽいんじゃないか〜・・・と思われがちですが・・・そんなことはまず無いです。有っても僅かに亡霊のように見えるのみ・・そりゃそうですよ、そのためのアペラスィヨンですからね・・。

 ですが、腐っても鯛ならぬシャンボールのワインで、思わぬ幻想や亡霊にも思いを馳せることが可能・・・しかも、世をときめかせたアンヌ・グロと来れば、誰でも一度は飲んでみたいワインじゃないでしょうか。

 ようやっと硬い時期を脱しつつあるタイミングと想像できますから、ダブル・グラスなどで酸素を充分に供給し、品温を飲み頃に持っていってあげると、思いの他、いや、想像通り、美味しくいただけるんじゃないかと思います。ご検討くださいませ。

.



2014 Bourgogne Pinot Noir
ブルゴーニュ・ピノ・ノワール
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12000 5195 [Vin Nature] スティルワイン ミディアムボディ フランス ブルゴーニュ

■エージェント情報
 レ・シャン・ダルジャン、レ・グラピニィ、レ・パスキエ(2区画)。ブルゴーニュ・ルージュはこれら4つの区画のぶどうを合わせたもので(合計0.80ha)、平均樹齢は約20年です。
 これらの畑は全て平地の部分にあり、国道74号線により斜面側から隔てられ、ヴォーヌ・ロマネとニュイ・サン・ジョルジュの間にあります。肥沃で湿気の多い土壌はずっしりとしていて、小石はあまり見られません。AnnesGros HP より
 お一人様1本限定
750ML 在庫
ご注文数  本
¥4,380 (外税)

【少年ロックは「かなりぶっ飛びのワインたち」・・と評しております!】
 A.C.ブルからしてこの数量なのでどう〜にもならないんですね。すみません。リアルワインガイドは高評価で88+ 89 としつつも「90点でも良いかもしれない」とのこと。価格もどこよりも安いんじゃないかな・・と思っています。お早めにどうぞ。

 以下は昨年のコメントから抜粋しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は是々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。

.



2013 Echezeaux Grand Cru les Loachausses
エシェゾー・グラン・クリュ・レ・ロアショース
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

11309 5196 [Vin Nature] スティルワイン 辛口 フランス ブルゴーニュ エシェゾー

 2007年よりこの区画が我々のドメーヌに加わりました。
父親方に由来するエシェゾーの畑面積は0.76haで、レ・ロアショースと呼ばれる区画で造られています。25年間、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・セールが賃貸借契約していました。
 樹齢19年のこのぶどう樹は、昨年まではロワイヤ式剪定法が用いられていましたが、当ドメーヌが引き取ってからタイユ・ギュイヨ型剪定に変えました。ぶどうの成長に、より適応していると思われたからです。すぐに耕作作業が行われました。まだ生き生きしたその土壌を耕作できるのはなんと幸せなことでしょう。褐色で、深く、小石の多い土。小さな化石さえ混じっていることもあります。
 ぶどう畑はすぐに生き返り、ぶどうは非常に早く成熟しました。おそらくドメーヌで一番早くぶどうが育つテロワールであると思われ、よく注意して見守らなければならないでしょう。
 このエシェゾーにおける第一作目は非常に優雅で、素晴らしい絹のようなタンニンを伴い、フルーティーで少々胡椒のニュアンスが感じられるなめらかな口当たりです。
Anne Gros HP より
750ML 在庫
ご注文数  本
¥19,990 (外税)

【少年ロックは墨絵の世界・・と評しております!】
まぁ・・余りにも数が無いのでど〜にもならない・・とは判っているので、noisyとしてはさして書くことが無いものの、そ〜なったらやはりそこは

「リアルワインガイドでしょ!」

とばかりに、救助してもらうためにリアルワインガイドを開く訳です。

 人の世は結構セチガライ部分が多いようで、

「本を読むために本を買う」

と言うことは、購入者が神様で、出版者はただただ「有難うございます〜!」の立場、ましてや小売店などに至っては、昨今のインターネット普及で小さな書店のみならず、大規模店舗で「何でもござれ!」の様子で販売していた店でさえ、非常に厳しい状況に追い込まれながらも、やはり「お客様は神様です!」をやっているしか無いのかもしれません。

 でも、よっぽど内容の無い・・もう二度と購入するもんか!と思ってしまうような本でも、何かしらはその人のものになってたりもする訳で・・つまり、

「(自分にとっての)詰まらん本の見分け方」

とかには、やはり役立ってしまうというような側面も有る訳で・・。

 で、まぁ・・何がセチガライかと言うと、そんな風によっぽど詰まらん内容でも少なくとも役立つ側面は置いといても、例えばnoisyのように、


「 リアルはどんな評価をしてるかな・・アンヌの今年はどんなワインに仕上がっただろうか・・」


などと、確実にお世話になるシュチュエーションでしか無いのに、ワイン販売者で有りながらも、リアルを参考にHPや店内POPの原稿の元にしたり・・いや、そのまんまコピーしてぶら下げてあったりしているのにも関わらず、

「リアルの1冊さえ立ち読みかネットのコピー文で済まして買わない、ましてや全く販売しないし協力しない」

というようなことですね。


 まぁ、リアルが嫌なら参考にしなければ良いし無視するだけにしておけば良いところ、実はしっかり参考にしてたりする・・・だからセチガライな〜と・・皆さんで協力できる部分は出来るだけね・・して欲しいものと思っているこの頃です。

 最新号の記念すべき50号!・・を読んでみると、リアルワインガイドが何故発刊されることになったか・・などを、徳丸編集長が感慨深げそ〜に書いていたりするんですが、noisyも以前、どこかのページに書いたと記憶しているものの、どこに書いたかなどは全く覚えていない・・でも、元々はリアルワインガイドでは無く、

「音楽雑誌を創るつもりだった」

んですね〜・・で、その雑誌の名こそ、

「少年ロック」

だった訳です。


 まぁ・・何だかんだが有ったようで結局「少年ロック」が陽の目を見ることは無かったんですが、その後、noisyとの付き合いも全く偶然に始まった訳ですからね・・。実は同じ食い詰め音楽人だったなんて・・ずっと後になってから知ることになる訳です。


 ・・・とまぁ・・大きく逸脱してしまったようですみません・・。とにもかくにも「アンヌ・グロ2013年」です。

 非常に楽しいシャンボール=ミュジニー・コンブ・ドルヴォーは2013年、まともに造れなかったのでブルゴーニュ・ピノ・ノワールに混ぜた・・と、徳丸編集長の現地取材による、まさに「特ダネ」です・・。色々有るので大声では言わないようにしてます・・。で、そのブルは試飲用にするので、海外には出さないと・・ドメーヌから言われたようですが、実はしっかり入ってるよ・・とも・・これも「特ダネ」でしょうか。

 だから、こんな言葉の有るワイン販売サイトはほぼ確実に、「リアルを参考にしている」んですね〜。是非リアル一箱(20冊)位、仕入れて拡販してくださいね〜。評価ポイントをそのまんま書いても、文句ひとつ言ってないと思いますよ〜(・・言ってたかな?)。著作権の絡みから色々言いたいはず・・とは思いますけどね〜。

 なので、ACブルには何と、特級ミュジニー直近、同じリューディの違う部分にはミュジニーを名乗れる場所さえ有るコンブ・ドルヴォーが入っているようですんで・・はい。

 オート=コートの白は「墨絵の世界」だと・・いや、アンヌ・グロの2013年が全てその表現になってますけどね・・。ポイントもここでは言いませんがいつになく高い評価です。

 エシェゾー・レ・ロアショースは92 93+ と絶好調、いまやこの価格で購入できるエシェゾーは少なくなってきているでしょうし、エシェゾー・デュ・ドスュの真南に有るロアショースは、大抵は畑の上下でブレンドされる他のエシェゾーとは違って、ほぼ中腹の良い位置にあるのでバランス良く仕上がる畑なんですね・・。ただし、仕上がるのにちょっと時間が掛かるのね・・。

 クロ=ヴージョは上部に有る絶好のロケーションの部分、グラン・モーペルテュイですが、何と入荷数・・余りに無さ過ぎです。リアルはポテンシャル95まで見てます・・。詳細はリアル50号を読んでくださいね〜!

 リッシュブールはnoisy のところには入りませんでした。元々の生産量もあるのでしょうが、やはり非常に厳しいヴィンテージだったのでしょう。このように、厳しい年にはそれなりに品質を保つ、もしくは向上させるために、やるべきことをしっかりやるドメーヌは、辛くてもちゃんと仕上げてくるんですね。なので、むしろ一般的に良い年と言われるような・・例えば2005年とかのヴィンテージよりも、総合的により良い仕上がりになることさえ有るんだと思います。(2005年は健康的な葡萄が沢山収穫できた・・と言う意味でのグレートイヤーだ・・と言うのが基本で有って、ワインの仕上がり判断は吹E々非々で有るべきでしょう。)

 ・・ここまで書いて、はたしてこれはアンヌ・グロ2013年のレヴューなのか、リアルワインガイドの応援文なのか・・・不安になってきましたが、結局アンヌ・グロ2013年は全く飲めないので、一テイスターでしかないnoisyには他に書きようが無い!ですので、単なるフツーにある商品案内に過ぎないですね。でも・・ご検討くださいませ。



以下は以前のコメントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【哀悼と追憶】

 アンヌ・グロと言えば、昔は確か・・アンヌ・エ・フランソワ・グロと言うドメーヌで、アンヌ・フランソワーズ・グロと言う同じ家系のドメーヌも有ったために、異常なほどに混乱をきたしていた時期がありました。いつの間にか「アンヌ・グロ」と改称していて・・また混乱してしまいましたが・・(^^;;

 1996年のアンヌ・グロのワインが絶賛されたために、あっという間に入手困難なドメーヌのひとつになってしまいまして、

「アンヌ・グロ?・・そんなに良い印象は無かったけどな・・・」

と言う様な感覚しかなかったnoisy は完全に乗り遅れてしまってました。

 それでも飲んでみると・・・非常に濃厚な・・悪く言えばサンテミリオン的メルロのような味わいで、その時代の要求を確かに受け継いでいると・・感じていました。

 アンリ・ジャイエから始まる系統とも言え、2つのデュガ家しかり、ペロ=ミノしかり・・・、もっと言ってしまえば、ギイ・アッカ由来の黒い果実の引き出し方の延長上にあるような感じを受けるものでした。

 しかし、そんな風潮も2000年を過ぎると退潮し、

「やはりピノ・ノワールはエレガントさ命・・」
と言う様な、以前のスタイルに戻ったとも言えます。

 もっとも、ただ昔のスタイルに戻ったのでは無く、自然派的アプローチをする造り手が多くなったゆえ、伸び伸びとした健康的な果実感を、大昔の頃のように取り戻したからそれが可能になったとも言え、単にそうなった訳では無いでしょう。

 アンヌ・グロも、少し抽出の強いようなニュアンスは消え、自然な流れを感じさせるニュートラルな味わいになっていました。そんなアンヌ・グロも、日本では評価を受けたと言えるでしょう。あの新樽200〜400%の誰かさんも・・・

「僕のワインはエレガントだから・・」

と平気で言えるような時代になっています。結局は、ワインはバランスなんです。勿論、「要素の少ない中でのバランス」も有りますが、「ちゃんと有った中でのxx過ぎないバランス」も必要ですし、「マンモスポテンシャルの中でのバランス」がもっとも評価的に高くなるべきですが、もしその中にアンバランスさが有ると、評価も大きくマイナスされるべきです。真っ黒なイメージのピノ・ノワール・・・あんまり美味しそうには思えませんよね。


 7月の初旬、今回このアンヌ・グロを分けてくれることになった、オルヴォーと言う小さなエージェントさんの、うちの担当の川村君が、

「noisy さん、xx日にうかがいたいんですけど・・」

と言うので、いつもなら

「忙しいから来ないで・・」

と決まり文句のように伝えているのに、その時は何故か断りきれなかったんですね・・。アンヌ・グロの件もあった性なのかもしれませんが、彼の言葉の中に、どこか「絶対に行きますから・・」・・のような強い決意のようなものを感じたからだと思います。


 その日、大した話しもせず、ちょっとだけ営業的な話しに・・そう・・フーリエがどうこう・・昔は安くて、山ほど購入できたのに・・みたいな話しをして、さぁ帰るという段階で、

「・・駅まで送ってくよ。」

と言うと、

「いや・・忙しい時に来て申し訳ないので歩いて行きます・・」

と言うので、

「あ、そ、じゃね・・」

と言うと、少し困ったような顔をするので・・

「こんなに熱いのにその辺で倒れられちゃ困るから送ってくよ。」

「・・・すみません・・じゃよろしくお願いいたします。」


 そんなこんなで車で駅まで送り、車の中で他愛の無いことを話しつつ・・・

「また寄りますんで是非オルヴォーもワインもよろしくお願いいたします!」

と言うので、

「美味しくてリーズナブルなアイテムなら検討するからね・・」

みたいな別れ方をしたと思います。


 10日後、一通のFAXが届きました。そこには彼が亡くなったこと、通夜と葬式の案内が書いて有りました。一瞬、何のことか理解できませんでした。

「・・嘘・・だろ・・?」

 彼は前日の土曜におそらく仕事で外出し、そのまま行方不明・・・翌日に倒れているのを発見されたようです。詳しいことは聞けませんでした。事件性が無いとのことで・・彼は戻されたようです。

 通夜の晩、若く笑顔のまぶしい彼の遺影に泣けました。41歳だったそうです。


 どこまでも真っ直ぐで、真面目で、熱くて、ワイン大好きな彼を、弟のように思っていたのかもしれません。ワイン業界の次世代を担うべき人間だとも思っていたのかもしれません。大したことのようではないけれど、余り他人には教えていない実はとても重要なバイヤーとしての注目ポイントを、彼には話していました。でもそれと同時に、一抹の不安・・も持っていました。真面目過ぎる・・・気を抜かない・・遊びが無い・・・どこか具合でも悪いのでは?・・と、自分が思っていることを、ちゃんと本人に聞いてみるべきでした。


 そんな川村君が置いて行ってくれたアンヌ・グロです。(君付けで言ってますが取締役でした。)是非ご検討いただければと思います。このエージェントさんはコンディションも良く、値付けも適正以上に適正・・・、どこよりも安い値付けをしていると思います。

 今回は本数も少なく・・・いや、エシェゾーレ・ロアショーズだけはちょっと有りますが、飲んでいないので・・コメントは差し控えます。是非ご検討いただければと思います。



以下は以前のシャンボール=ミュジニー・ラ・コンブ・ドルヴォーのご紹介文です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【安いでしょ?!】

 アンヌ・グロ、久しぶりです。ここのエージェントさんとも付き合いが有ったんですが、何だかな〜・・担当が本当に訳の判らん人でね。滅茶苦茶をしてくれるので、そんなことはお互いのためにしてくれるなと言ったら・・段々ロクな案内も寄越さなくなって、結局フェードアウトしてしまいました。会社にバレたら都合不味かったろうに・・。まぁ、絶対漏らしませんけどね。実際はやらなかったし。ただ、ワインの仕入れも販売も、いや、何にしても結局は「人」なんだよな・・と、深く思うnoisyでは有ります。

 アンヌ・グロのこのシャンボールの畑は、ラ・コンブ・ドルヴォーと言いまして、昆布泥棒では有りません・・・といつもの自虐的親父ギャクをかましてしまいますが、実に面白い畑なんです。あちこちのサイトでは地図も出して説明していますがほとんど間違っています。この畑は、
A.グラン・クリュ・ミュジニー
B.1級ラ・コンブ・ドルヴォー
C.村名ラ・コンブ・ドルヴォー
の3つが有ります。

 実際には離れてはいないのですが、葡萄畑に使用していない部分が有って、1級と村名は離れています。ただし、グラン・クリュ・ミュジニーを名乗れるリューディですから、村名と言えどもかなりミュジニーっぽいんじゃないか〜・・・と思われがちですが・・・そんなことはまず無いです。有っても僅かに亡霊のように見えるのみ・・そりゃそうですよ、そのためのアペラスィヨンですからね・・。

 ですが、腐っても鯛ならぬシャンボールのワインで、思わぬ幻想や亡霊にも思いを馳せることが可能・・・しかも、世をときめかせたアンヌ・グロと来れば、誰でも一度は飲んでみたいワインじゃないでしょうか。

 ようやっと硬い時期を脱しつつあるタイミングと想像できますから、ダブル・グラスなどで酸素を充分に供給し、品温を飲み頃に持っていってあげると、思いの他、いや、想像通り、美味しくいただけるんじゃないかと思います。ご検討くださいませ。

.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   

■新着情報メールサービスメンバーページより
以下のアイテムは現在有効な新着情報メールサービスのページです。
ご注文にはメンバー登録が必要です。送料サービス体系が通常商品の場合と異なります。 必ず新着情報インデックスページの注意事項をご覧下さるようお願いします。
= 白ワイン = 赤ワイン = ロゼワイン = その他

[自然派]
スティルワイン
赤 辛口
フランス
ブルゴーニュ
エシェゾー


750ML 19,990 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
エシェゾー


750ML 19,990 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ブルゴーニュ
エシェゾー


750ML 17,250 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
エシェゾー


750ML 29,800 (外税) 在庫
スティルワイン
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
エシェゾー


750ML 27,800 (外税) 在庫

エシェゾーでの商品検索は 全 5 件中 1 件 〜 1 件 (1 ページ目)を表示    
1 |
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy