Recommended Contents 
・ New wines?
・ SPIEGELAU WINE GRASSES
・ ITALESSE CHANPAGNE GRASSES
VISA・MASTERカードがご使用になれます。分割払いもOK。SSLで個人情報漏れの心配もありません。

Last Update 2006/06/10

ランジュ・ヴァン
ジャン=ピエール・ロビノ

自然派です! l'Aange Vin
Jean-Pierre Robinot
 まさに「ミネラルを食すワイン」との表現がぴったり当てはまると思います。ランジュ・ヴァン、ジャン=ピエール・ロビノのジャニエールやピノ・ドーニスは、噛み応えのある触感・食感が..ある意味で初体験となるんじゃないでしょうか。びっくりしてください。
NOISY'Sの概要 ご注文の仕方 新着情報メールサービス 新着ワインのご案内 ヴィンテージワイン探します LINKS&THANKS トップページ
NOISY'Sのワイン検索エンジンです。
 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・新着メンバーページを覗いてみよう!!
 NOISY'Sの醍醐味は実はここ・・。ご覧になって気に入っていただけたら、新着情報メールサービスにメンバー登録してご注文ください。リンク先インデックスページの注意事項を必ず読んでくださいね。
■最新の新着メンバー様向けデータリスト■
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
クリックでメニューが開き、ダブルクリックで閉じます!
  ■フランス
    ブルゴーニュ
    ボルドー
    ローヌ
    シャンパーニュ
    ロワール オーヴェルニュ
    アルザス
    ジュラ
    サヴォワ
    ラングドック
    ルーション
    オーヴェルニュ
    シュドウエスト
    マール
    フィーヌ
    ラタフィア
    シードル
  ■イタリア
    トスカーナ
    ピエモンテ
    フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
    ヴェネト
    アルト=アディジェ
    アブルッツォ
    エミーリャ=ロマーニャ
    カンパーニャ
    ロンバルディア
    シチリア
    マルケ
    ラッツィオ
    プーリア
    グラッパ
    オリーブオイル
    食品   
  ■スペイン
  ■アメリカ
  ■ドイツ
  ■ギリシャ
  ■オーストリア
  ■オーストラリア
  ■インド
  ■ポート
  ■日本
  ■ 〜¥1,200 安価なアイテム
  ■ 〜¥2,600 デイリー価格帯
  ■ 〜¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ 〜¥5,600 ここはリッチ!
  ■ 〜¥7,000 凄くリッチ!
  ■ 〜¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001〜 超高級?
  ■ ワイングラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ワインラベルレコーダー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ ワインの木箱(廃物)
  ■ 〜1959年より前
  ■ 1960年〜1969年
  ■ 1970年〜1979年
  ■ 1980年〜1989年
  ■ 1990年〜1999年
  ■ 2000年〜2009年
  ■ 2010年〜



noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/7
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
なかなか質感も良いです。最高で1.5L入ります。 Spiegelau
Vino Grande
NO.7060157
シュピーゲラウ
ヴィノ・グランデ
デキャンタ1.5L

 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で綴る..まんま 「Real Wine Guide



クリックしてSSL証明書をご確認ください。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
NOISY'S WINE SELECTS 原酒店のサイト中、「買い物かご」等個人情報を扱うページでは、SSL 情報暗号化通信で情報漏洩から保護しています。上記のグラフィックをクリックすると証明書の確認ページに飛びます。
フランス■□ les Vignes de l'Ange Vin / Jean-Pierre Robinot □■ロワール
レ ヴィーニュ ド ランジュ ヴァン / ジャン=ピエール ロビノ
● なかなかに凄い自然派ワインが登場です。昨年の2002年ものも凄く良かったんですが、思った以上に高かったので..でも2003年ものは比較リーズナブルにご案内できます。まずはエージェントさんの資料に目を通してくださいませ。

【パリで自然派ワインの第一人者】
「ランジュ・ヴァン」と言えば、パリのワインファンに人気を博したワインバーであり、オーナーのジャン−ピエール・ロビノ氏こそ、約20年以上も前からパリのワインショップやワインマニアに、マルセル・ラピエールやティエリー・アルマンといった「自然派」ワインを初めて紹介した人物です。パリで自然派ワインを知っている人は全くといっていいほどいなかった時代に、自然派ワインを広めた人でもちろんフランス広しと言えども、彼以外に自然派ワインの良さを当時注目した人はいませんでした。
そのオーナーが、自分の育った田舎で自分の手でワインを造りたいと帰郷し、ワインを造り始めたのが1999年。ただ2001年までは生産量が少なく、一般には殆ど出回っていません。ですから公に出る最初のヴィンテージが2002年がといえます。

彼の人生は波乱万丈でした。ロワール地方中部の都市、トゥールから北へ約40Kmほどの小さな村、シャエーニュにある貧しい子だくさんの家に生まれたジャン−ピエール氏は、17歳のとき母に「パリで仕事を探します」と、母に一言置手紙をして旅立ちます。住宅の配管工として生計を立てていた25歳の時に、人生の転機が訪れます。フランスで絶大な人気のワイン雑誌「ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」の創設者である作家のミシェル・ドヴァズ氏に出会ったのです。そしてドヴァズ氏を通してミシェル・ベタン氏と知り合ったことで彼の人生は大きく変わりました。

今までワインを知らなかった彼が、ジュール・ショーヴェ自身が作った1970年代のワインを飲んだ彼は、その瞬間「体中が痺れた、これぞワイン!」とその魅力に取りつかれてしまいます。配管工の傍ら、時間を工面してはベタン氏らと共にワインガイドブック「ROUGE-BLANC」を創刊し、「産地の特徴を持った個性豊かなワイン、土地に埋れている素晴らしいワイン」を捜し求めて飲み、自らワイン紹介の原稿を執筆しました。前出のマルセル・ラピエールを始め、ティエリー・アルマンやショーヴェ氏の魂を引き継ぐジャック・ネオポールらのワインを大きく取り上げて、隠れた生産者を次々紹介していくうちに彼は「ワインの世界」にどっぷり漬かってしまい、そのワインを造る「人柄」に魅力を感じるようになっていきます。

愛するワインをもっと広めたい一心で、1988年パリにワインバー「ランジュ・ヴァン」をオープンさせ、それが大ヒット。ピエール・ブルトンやマーク・アンジェリといったナチュラルワインを取り揃える他、当時ドメーヌ・プリウレ・ロックで造るフィリップ・パカレのワインに注目し、その名を広げたのもジャン-ピエールでした、といえばその偉大さがお分かりいただけるでしょう。

忙しいレストランを切り盛りしながら、週末には彼が扱う生産者を訪ね、ぶどう畑や蔵の仕事を手伝って造り手と交流を深めるうちに、自然とワイン造りを覚えていきました。10年ほどしてふと「田舎に住みたい、自然を傍に感じたい」と思い始め、行動するなら歳を取ってからでは遅いと、お気に入りのワインで流行る店を売却!一時は南仏のセヴェンヌ山の麓にドメーヌを構えようかとしましたが、今から見ず知らずの土地に行くのは寂しいと、結局、親戚や子供時分の知り合いがいる出身地に戻ることを決意します。物心ついてすぐに離れたことで、望郷の念が心の底にあったのは言うまでもありません。
もう1つの理由は、ジャン-ピエールにとって最高のワインは、シャルドネではなく、シュナンで造る白ワインだと力説するほど、シュナンへの情熱は並々ならぬものでした。出身地である田舎で栽培されるシュナンが好きなのは、たまたまの偶然だったのでしょうか。

【1世紀の内、3回、世界で最高と言える偉大な白ワインができる土地】
ご存知のとおり、大河流れるロワール周辺はシュナンに最高の産地である。シュナンは奥行きのある辛口といい、絶妙なバランスの甘口といい繊細優美、変幻自在のワインとなり得ます。
フランス人ジャーナリストの1人キュルノスキーは、ジャン-ピエールの出身地にあるアペラシオン「Jasnieres=ジャニエールは、1世紀の内で3回、世界で最高と言える偉大な白ワインができる場所だ。」と言って誉め称えています。100年でたった3回でも、世界No1の白ワインが産出される恵まれた気候風土のジャニエール、彼を惹きつけたのはその優れた“自然”だったのです。

大河ロワールに繋がる支流のロワール川に沿って広がる南向きに面した斜面は、大きく言うと円形闘技場の形をしており、日照量が特に優れて温暖なミクロクリマを備える。シレックスが多く混ざる粘土石灰土壌から、果実味が高く、上品なミネラル感のぶどうが取れます。彼は、「一般的にシュナンは酸味がアグレッシブだと言うが、その良さを引き出すように育てれば、決してそんなことは無い。(収穫を)たくさん取ったり、熟す前に収穫するからどんなことをしたって旨みがのらない。手間を惜しまずきっちりぶどうを育てれば、100年どころか10年で3回は世界に誇るワインができる。ここのシュナンは素晴らしい。」
正にそのとおり、彼のワインはしっかりしたコクとしなやかな酸味があり、また上品さと軽やかな香味が特徴。それはアルコール発酵後の細かな澱と長期熟成させることで溶け込んだ旨みが、驚きのバランスとなっているからです。

【台木無しの純潔フランス産苗木】
所有する約6Haの区画の内、スペシャル・キュヴェ「ジュリエット・ロビノ(愛するお嬢さんの名前)」の区画(平均樹齢約60年、シュナン100%)に行くと、雑草に混じって老木のシュナンが植わっています。そこで彼が木の根っこを見せてニコッと笑う。何かと言うと、区画の約半分は、耐フィロキセラ用の台木を使わない純粋な“フランスの木”なのです。株の付け根に接木の跡がない木が沢山あります。平均樹齢60〜70年の老木の中から、区画の優れた株を厳選して選んだ(セレクションマサル)苗木を台木無しで直接育てます。
地元の造り手みんなが欲しがったというこの畑を入手できたのは、彼自身、非常にラッキーだったと認めるほどの素晴らしい畑。ここ以外なら多分、マーク・アンジェリしかこのような魅力的な畑は持っていないだろう。しかし問題点が1つ。収穫量がおのずと激減してし、多いときで25〜30Hl/Haと採算に合いません。2003年は10Hl/Ha。いいワインをつくるには理由がある、というわけです。

【樽:パカレの恩返し】

2〜6年樽を使った“古樽熟成”といってもここの樽は、血統書つきです。ロマネ・コンティが使っているのと同じサン・ロマンの“フランソワ”製のもので、同社が製造販売した新樽の内、トップの生産者の中でも特に優れた1年〜2年樽を自社回収して、親しい生産者に転売していることを知る人は少ない。その希少な樽を、プリウレ・ロック時代からワインを消費者に広め、独立時に助けてもらったという思いのフィリップ・パカレの口添えが奏効し、入手できるようになりました。

樽熟成は、石灰質の岩盤をくり抜いた最高のコンディションのカーヴで行う。特にポイントとなる“上質の澱”を混ぜながらの熟成は、シュナンのコクと芳醇な味を生み出す。彼の手にかかれば、“ピノ・ドーニス/キュヴェLe Regard du Loir”といえども今までには飲んだことのないほど豊かでスパイシーな香りの味ののった赤ワインができます。(最近彼のワインを飲んだ「ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」の担当者が「ピノ・ドーニス特集」を組んだほど。)醸造中の2週間は蔵に泊り込むという熱の入れようで、旧式の水平式圧搾機で2日掛りで圧搾するときは、圧搾機のそばを離れないほどの徹底ぶり。

ジャン-ピエールさんの名言:
陽気な人柄と、多きな声で答えるエネルギッシュな彼に歳を聞くと、「真夜中になると20歳に生まれ変わる」との返事には驚くが、決しておかしくない気がする。話を聞くこちらまで力が湧いてくるほど情熱的な人。
「本物のワインをクリエーティブな感覚で楽しんでほしい」というコンセプトのもと、ワインバー「ランジュ・ヴァン」当時のロゴを使った非常にオリジナルなラベルが印象的。

La Coullee de Jasnieres 2002/AOC Jasnieres
シュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後。収穫量25〜30Hl/Ha。樽発酵・樽熟成。手摘み。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がり。

Le Regard du Loir/VDT
名前は、「ロワール川を見渡す眺め(の丘、区画)」
ピノ・ドーニス100%。収穫量50Hl/Ha。タンク発酵、古樽熟成。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印

N.V.(2003)le Regard du Loir V.d.T.
ル・ルガール・デュ・ロワール
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫 完売
ご注文数  本
 
(税込) ¥3,750

【 この 「たっぷん たっぷん」 には noisy もびっくり!】
 
 「たっぷん×2 って何のことよ!」
と思われたでしょう。まあそんなに慌てないでゆっくり行きましょう。noisy としても まるまる1カ月以上もの長い間、新着を出さなかったのは一体何年ぶりのことでしょうか..記憶に無いくらいです。あ、関係ないですね。でも実際は「たっぷん×5」位は行きます。

 上記のエージェントさんのコピーをご覧いただければ判ると思いますが、このロビノさんはかなりのワインを造るんじゃないか?という期待が持てますよね。ちなみにこのワインは「ピノ・ドーニス100%」です。

 で、ワインを飲むにはコルクを抜かなくちゃなりません。抜いたら用意をしておいた(はずの)グラスに注ぐわけですが..ここでまず注目してください。

 ゆっくりと瓶を斜めにしてグラスにワインを注ぐと..どうでしょう、ね、変じゃあ有りませんか?そう、グラスの中で波が起きますよね。良く見ていただくと..波の周期が桁外れに「ゆっくり」でしょう?大振りのブルゴーニュグラスに注ぐと、まるで、
「たっぷん、たっぷん!」
と、言ってるように聞こえないでしょうか..。もしくは、「どよよよ〜ん」かなぁ..比重が超重い成分、もしくは粘っこい成分が多くなければ、こうは成らない筈です。ね、ちょっとびっくりでしょ?


 香りや味わいとは別の次元ですが、おそらくこれはミネラルだと思います。ですので(そのように仮定するにしてもしなくても)、味わいにもそれが現れています。ゴク味というか、飲み応えが実に有るんですね。

 色合いはややくすんだルビーですが、これも石灰系のミネラル分によるものかもしれません。やや閉じてはいますが、ピノやガメイに通じるベリーや腐葉土、お茶、紅茶などに、「どっか〜ん」と重量の有るミネラルの重量感。トロミどころの話じゃあない..って感じです。圧倒されます。そして、飲み進めるにしたがって、少しずつ表情を変えてゆきます。

 しかし、最終形はどんなものなのか、それが良く判りませんでした。旨かったので2日ほどで無くなってしまったせいも有ります..(^_^;; が、変化のスピードがとてもゆっくりで、見極めきれないと言うのが正直なところです。なんでこんなにマンモスミネラリーなのよ!と、きっと感じてしまうでしょう。きっちり地中に根を深く張っていることと、収量がとても少なかったことが影響していると思います。

 おそらく、かなり持つワインじゃないのかな?と想像しますが、よく判りません。こんな化け物みたいな比重の重いミネラルを持つワインは、他には無いでしょう。健康にもよさそうです。飲んでびっくりしてみてください。お奨めです!

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2003Jasnieres
ジャニエール
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数  本
 
(税込) ¥3,750


This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2003Jasnieres Cuvee Special
ジャニエール・キュヴェ・スペスィアル
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数  本
 
(税込) ¥4,980

【 どっちも旨い!】
 
 ジャニエール(ジャスニエールとも言う)はトゥーレーヌの真北、ロワール河の支流にある秀逸なシュナン・ブランを生産する産地です。トゥール(ヴーヴレイ辺り)からは40kmも離れているようで、全く状況が違うと言えます。合田泰子さんもニコラ・ルナールを知り、何とか彼のワインを日本に持ってこようとしたのも、修行時代の彼のジャニエールを飲んで感動したから..と言っていたような気がします。違ったかな?余り突っ込まないで下さいね。

 また、この辺りは拡げても仕方ないかもしれませんが、支流の方のロワールはアンジューを経て本流と合流しますが、つづりが「 LOIR 」 になります。本流は 「LOIRE 」ですから、E が無いですよね。で、E が有ったら本流、無かったら本流の北を流れる支流 と覚えておくと良いです。一応アペラシオンを考えると、結構重要だったりしますので、特にソムリエやエキスパートの資格を取得したい方は、頭のどこかに置いておくと良いかもしれません。COTEAUX DE LOIR と COTEAUX DE LOIRE は違いますってことですね。まあ、どうでもいいっちゃどうでもいいことです。


 で、このジャニエールの味わいですが、これも凄いトロミです。台木無しの古木と収量制限が効いているのでしょう。白や黄色、僅かにオレンジ掛かった極小な果実、煙、石、岩、石灰、蜜。基本的にドライだが裏には甘みの支えがあるようだ。極端に多いミネラルの重みが口中に拡がり、遅れて軽いミネラルが鼻腔を揺らす。ボディは厚く、僅かなビターを持つ余韻も長い。瑞々しい果実の立体感を三次元で想像させる。

 これも化け物ですね。味筋はどちらのキュヴェも変わらないが、キュヴェ・スペシャルの方が更に濃密で、蜜のニュアンスが濃いです。飲み頃かって聞かれれば..難しいが、今も飲めるし、この先もちゃんと保存さえすればかなりの長い期間OKだと思います。それにね、残しておいた最後の澱辺りがめちゃくちゃ旨いんですよ。まあ、酒石は触感悪いし美味しくないので口に入らないようにしていただくとしても、最後の最後を飲まないのは勿体無い!是非舐めて?下さい。出来れば1日で飲みきらず、何日かに分けられると良いと思います。是非!
● 自然派ワインとの接し方

 昨今は「自然派」と呼ばれる生産者のワインに、そうとは知らずに接している方が多いと思います。勿論のことですが、「自然派」のワインが好きで購入されている方もいらっしゃいます。noisy としても、今までは出来るだけ区別せずに、それこそ自然にご案内しながら、何かしらの特徴があるときは注意書きやおことわりを記載してきました。

 ただ、移動直後の自然派ワインの状態やワインの保存にも多く注意するべき点が有りますし、また飲み方も基本的なことを理解された上で飲んであげることが必要かな?と思い直し、特別にコラムを組んでみました。

 自然派には色々なタイプが有ります。ビオディナミ、ビオロジック などの言葉が有りますが、その意味は別の機会にするとして、基本的な対処の仕方を書いてみたいと思います。

1.デキャンターは必需品?
 自然派のワインは炭酸ガスを多めに含んでいることが有ります。これは酸化防止剤を使用しない、もしくは微量のみの使用のため、自然に出来る炭酸ガス、もしくは炭酸ガスをプラスして酸化を防いでいるせいです。そのまま飲めることは当然ですが、ペティアン(微発泡酒)でも無いのにちょっと多いかな?という時にはデキャンターを使用してみましょう。素早く飲むならダブルデキャンターも一つの手です。やり方は簡単、2個デキャンターを用意して、交互に入れ替えるだけです。澱が気になる場合には、最初のデキャンターの時に除けてしまいましょう。
 デキャンターが無い場合は大きめのグラスを2個用意し、何度か交互に入れ替えても良いです。

2.還元香 が気になるんだけど..
 自然派のワインでは、有るタイミングで還元的な香りがすることが有ります。これはすぐに消えて無くなるものも有りますが、輸送中の揺れに由来すると思われるもので到着後1〜2カ月で消えるもの、抜栓後1〜2日で消えるもの、何日経っても全然消えないもの、馬小屋臭のようにかなり酷いものが有ります。noisy は出来るだけ状況をお知らせするようにしていますが、個体差やタイミングで印象は違ったものになることも有ります。(馬小屋臭のように極端なものは扱いません。もしくは収まってからご紹介します)
 対処法とすれば、デキャンターをかけてみる、品温を下げてみる、栓をして2〜3日おいてみる、といったことが必要かもしれません。ただし、余り酷いものはご紹介しないか、ご紹介してもその都度対処法を記載します。対処法が無い場合は、その旨記載します。

3.ワインが濁っているんだけど..
 濾過をしない生産者がほとんどなので、濁っているどころか滅茶苦茶大きな澱が浮かんでいることも有ります。これは小さな澱が集まって出来ている場合が多く、しかもガスを含んでいることも良くありますから、少し動かしただけで濁ってしまうことが有ります。濁っていたとしても、「そういうものだ」と考えてください。すぐに沈むような澱であれば立てておくことで対処は出来ます。細かい澱が集まって出来ている大きな澱は取り除くことは不可能です。

4.白ワインがすぐに褐色になってしまったんだけど..
 その現象は SO2(酸化防止剤)を使用していない為に、酸素と触れて酸化したために起こります。当然ながらその状態だと酸化臭がきつくなることも有ります。また、赤ワインの場合には、極端に褐色になることも有ります。そのまま落ちてしまうようなポテンシャルの低いワインは 当然扱わないようにしています。酸化臭が気にならなくなった頃、(1〜3日目でしょうか)とても美しいフルーツ香が出てくると思いますので、そんな場合は普段よりちょっと気を長くして自然派ワインと向かい合ってください。酸化防止剤を使用していないこととワインが持たないことはイコールでは有りません。白に限らず赤も、1週間ほどは充分に持ってしまうことが多いです。

5.自然派のワインを保存したい
 出来るだけ14度以下での保存を推奨します。15度以上になると酵母・酵素が働き出す可能性が有るためと言われています。セラーが有れば問題ないと思いますが、持っていないなら暖かくなる前に飲んでしまいましょう。特に甘く仕上がったワインは栓が飛んで吹き出すことも考えられますので、あとが大変です。

6.いつ飲んだらいいのか判らない
 まあ、飲みたいときに飲むので構わないと思いますが、美味しく飲むには時期が有ると思います。 noisy のコメントを良く読んでくださいね..。何かしら書いてあると思います。一般的には、例えば この下のティエリー・ピュズラのワインはリリース後半年〜1年ほど経った頃からがとても美味しいです。たいていの場合、その頃には完売してしまい棚には並んでいませんので、買い置きくださるのがベストです。

7.移動直後は飲まない方が良い?
 自然派のワインに限らず、出来ることならどんなワインでも休息をあげることで質感はアップします。自然派のワインの中には、妙に還元的になったり閉じたりでへそを曲げてしまうものも有りますが、それは自然派のワインだけに言えることでは有りません。出来るだけ早い移動を心がけ、美味しい状態で飲んであげてください。移動直後のコンディションで全てを判断しないことが何より重要です。


 思いついたことを「つらつら」と書いただけなので、脈絡もへったくれも有りませんが、ピュアな果実味に出会える、飲み口がよい、自然な味わい、頭が痛くならない、酔いが軽い、などの特徴が有るようです。noisy の場合も、飲んでる最中・直後 も酔いが軽いような気がします。是非色々とトライしてみてくださいね。


新着のこんなワインはいかがでしょうか?
2007 シャンボール=ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム ユドロ=バイエ 750ML
2007 シャンボール=ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム ユドロ=バイエ 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 750ML ¥7,500
人気に翳りか、それとも単に景気の問題か・・。足りないことで有名?だったユドロ=バイエの秀逸な1級畑ですが、今なら間に合います。味わいは・・かなり良かったんですけど・・ね。

1989 ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボーモン ルシアン・ジャイエ 750ML
1989 ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボーモン ルシアン・ジャイエ 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 750ML ¥89,000
とても懐かしく思い出される方も多いかな?良い年のルシアン・ジャイエ・・。飲んでみたいですよね?

2006 モレ=サン=ドニ オーレリアン・ヴェルデ 750ML
2006 モレ=サン=ドニ オーレリアン・ヴェルデ 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 赤 750ML ¥3,980
 とても美味しいオーレリアン・ヴェルデですが、数量・期間限定の特売です。お早めにどうぞ・・・

1994 クロ・ド・ラ・ロシュ デュジャック エチケット汚れ有り  750ML
1994 クロ・ド・ラ・ロシュ デュジャック エチケット汚れ有り 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 赤 750ML ¥32,900
 ジャック・セイスさんの全盛期のクロ・ド・ラ・ロシュです。先だって1987年ボンヌ=マールを味あわせていただく機会が有りましたが、さすがに素晴らしい!ご検討ください。

2005 クロ・ド・タール ドメーヌ・デュ・クロ・ド・タール 750ML
2005 クロ・ド・タール ドメーヌ・デュ・クロ・ド・タール 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 赤 750ML ¥36,000
【タンザーさん92-95、アドヴォケイト誌94!】

 モレ・サン=ドニのグラン・クリュは昔から結構好きでしたので、まだとても安かったクロ・ド・タールやランブレイを飲んじゃ、
「何でかな?悪くないのにな・・」
と、思っていました。
 80年代のクロ・ド・タールも、とてもエレガントでエロティックでした。そりゃあ当時、ちょっと流行っていた果実味充実タイプのピノからみれば、
「薄い」
と言えたのかもしれません。


1985 ニュイ・サン=ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・フォレ・サン=ジョルジュ ジャブレ=ヴェルシェール 750ML
1985 ニュイ・サン=ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・フォレ・サン=ジョルジュ ジャブレ=ヴェルシェール 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 赤 750ML ¥14,900
 十数年前までは今から考えると、ブルゴーニュの古酒もずいぶんとリーズナブルに手に入ったものです。まあ、その頃は「安いぞ!」なんて思っていませんでしたけどね。そんな頃、中でも安いけれど結構当たりが多かった記憶の有る・・・ジャブレ=ヴェルシェールです。1985年ものですから・・望みはかなりあると思いますがいかがなものでしょ?

1999 バタール=モンラッシェ グラン・クリュ ルイ・ラトゥール 750ML
1999 バタール=モンラッシェ グラン・クリュ ルイ・ラトゥール 750ML
 フランス・ブルゴーニュ・白 750ML ¥31,000
ホント、当たると凄いのはルイ・ラトゥールのシャルドネ・・。しかもバタールが本気の時に当たると言葉を失います・・・。お願い!開いてちょうだい!

2004 ジュヴレ=シャンベルタン ジューヌ・ロワ クロ・ノワール 750ML
2004 ジュヴレ=シャンベルタン ジューヌ・ロワ クロ・ノワール 750ML
 フランス・ブルゴーニュ・赤 750ML ¥5,700
  リアルワインガイドの18号、新ブルゴーニュ2 の巻頭特集でも取り上げられ、2005年のパストゥグランは、
「スーパー・パスグラ」
と、ちょっと安易では有りますがとても簡便に理解できる愛称で紹介されています。そして、ドメーヌの主、セドリック・バタシの若く精悍な雰囲気に、クラクラしてしまったお嬢様方もいらっしゃるんじゃないかな?と・・・思っています。まあ、もとアングラ・ミュージシャンのnoisy としましては、リアルのスタジオの写真に見入ってしまいましたが・・・。お金も掛かるんだよね〜、音楽はね〜、(ワインもだけどね〜)、音楽止めてもかなりの間、借金返してたもんな〜・・などと考えていると涙がチョチョ切れてきそうなので、ページを捲ってしまいましたが・・・。
 ところで2003年のクロ・ノワールは、実はテイスティングをしておりまして、残念ながら駄目出しをする結果となり扱いませんでした。
 2004年のクロ・ノワールは、テイスティングの結果、とても美味しかったので・・・扱うことになりました


2005 ヴォーヌ=ロマネ・レ・ジャッシェ ビゾー 750ML
2005 ヴォーヌ=ロマネ・レ・ジャッシェ ビゾー 750ML
 フランス・ブルゴーニュ・赤 750ML ¥17,100
 ヴォーヌ=ロマネのパワフルな側面を主に受け継ぐ畑です。そのためリリース直後にはテクスチュアが今ひとつでとても硬い・・んですが、熟してくるとあら不思議!こんなに凄かったっけ?と首を傾げたくなるワインです。某紙のレ・ジャッシェのレヴューにも、その辺りが言われていますよね。表面的に、ポイントだけを信じてしまうと後で後悔することになるかもしれませんよ。2004年の新着にもそのあたりは書いてありますのでご覧ください。
2001 シャルム=シャンベルタン デュガ=ピィ 750ML
2001 シャルム=シャンベルタン デュガ=ピィ 750ML
 フランス・ブルゴーニュ 赤 750ML ¥39,000
日本では何故か勘違いされているかな?と思う造り手の一人です。どうしても濃度に目が行ってしまいますが、それだけじゃないことに気付いて欲しいですね。・・そうは言っても高くはなってしまいましたが、この2001年は、それほどでも無いはずです。
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy